お気軽にお問い合わせください

確定申告の時期が近づきました。医療費控除について医師が解説。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。西井義典と申します。 三重県松阪市で内科クリニック、デイサービス、通所リハビリ、グループホーム、有料老人ホーム等を経営している医師です。 外来の診察では忙しくなかなか伝えられない医療費や介護費用の節約術を伝えたいと思います。

今年も確定申告の時期が近づいてきました。

医療費控除の還付金は世帯で10万円以上医療費を使用していれば利用できます。

医療機関などの領収書は保存しているでしょうか?

医療費についての記事はこちらです。

5.医療費控除を利用する

なお、平成29年より医療費控除の還付金制度は改正がされています。

 

平成29年分から医療費控除の申請の変更点

平成29年度の法改正に伴い、平成29年分からの医療費控除の申請に変更点があります。

平成31年分までの確定申告については経過措置が取られています。

しかし、後々すべて変更されることになります。

今のうちから新ルールを把握しておきましょう。

 

変更点① 領収書の提出の仕方が変わった

領収書の提出の仕方が変わります。

平成28年分までの確定申告では、医療費控除の申請の際に領収書の添付が必須となっていました。

1年間の医療費の領収書を集めて、かかった費用を集計し、医療費の明細書に添付して提出するというやり方です。

平成29年分からの確定申告では、領収書を提出する必要はありません。

その代わりに「医療費控除の明細書」という書類の提出が義務となりました。

これにより、医療費の明細さえ分かれば、領収書を紛失しても申請が可能です。

※領収書自体は5年間保存が必要です。

 

変更点② OTC医薬品が控除対象となった

医療費控除の特例として、新たにセルフメディケーション税制を受けることができるようになりました。

(※医療費控除の特例であるため、従来の医療費控除と併用はできません。)

年間のOTC医薬品の購入費が1万2000円を超えると控除の対象となります。

OTC医薬品とは薬局や薬店、ドラッグストアで医師の処方なしで購入できる一般用医薬品のことです。

対象となる商品には目印にOTC医薬品のロゴマークが付いています。

また、購入時の領収書にも[セルフメディケーション税制の対象商品]という表示が印刷されます。

注意:セルフメディケーション税制による医療費控除を受けるためには一定の条件を満たさないといけません。

控除が適用される年に「健康の保持増進及び疾病の予防に関する一定の取組」を行っていることが必要です。

一定の取組みとは、次の取組をいいます。
保険者(健康保険組合等)が実施する健康診査【人間ドック、各種健(検)診等】
市町村が健康増進事業として行う健康診査
予防接種【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】
勤務先で実施する定期健康診断【事業主検診】
特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導
市町村が健康増進事業として実施するがん検診
※1申告される方が一定の取組を行っている必要があります(申告される方と生計を一にする配偶者その他の親族の方が「一定の取組」を行っている必要はありません。)。
※2「一定の取組」に要した費用(例えば、人間ドックの受診費用など)は控除の対象となりません。

 

変更点③ マイナンバーが必要

マイナンバーの記載が必要となりました。

記載するだけでなく、提出時に税務署の窓口でマイナンバーカードの提示、あるいはカードのコピーを台紙に貼り提出することが義務付けられています。

マイナンバーは日本国内に住民票を持っているすべての人に通知された12桁の番号です。

1人に対して1つの番号が与えられています。

マイナンバーが表示されたマイナンバーカードは、確定申告の際に窓口で身元を確認するための書類として使用します。

ただしマイナンバーカードは希望者のみに発行されているので、マイナンバーカードを持っていない人もたくさんいます。

マイナンバーカードを持っていない場合、マイナンバーの通知カードやマイナンバーが記載されている住民票の写しを代わりとすることも可能です。

ただし、通知カードや住民票は番号を確認するためだけの書類です。

身元確認ができる運転免許所やパスポートなどの書類も一緒に持参しないといけません。

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。西井義典と申します。 三重県松阪市で内科クリニック、デイサービス、通所リハビリ、グループホーム、有料老人ホーム等を経営している医師です。 外来の診察では忙しくなかなか伝えられない医療費や介護費用の節約術を伝えたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 医師が教える医療費・介護保険費の節約術 , 2019 All Rights Reserved.